一般的な会社の売買

建設のM&Aや売却を初めて考えるなら

不況が長引く昨今、建設業界は厳しい経営を強いられています。少子化の影響も相まって、家を新たに建てようというトレンドになりづらいのが現状で、マイホームも都市部では新築より中古が選ばれるようになってきました。このような流れにおいて、建設業を行っている企業オーナーの中では事業の売却やM&Aを考えている人が増加傾向にあります。
いざ「建設事業を売却しよう」「M&Aを成功させよう」と意気込んでも一筋縄ではいきません。こちらの売却価格と相手方の購入価格の折り合いがつかなければ、売却もM&Aも上手くはいかないのです。いったいどの価格体が適正なのか、思い入れのあるこの会社にいくらの値がつくのか、素人では推し量ることはできません。
そのようなときに頼りになるのがアドバイザーです。これまで何社もの建設業の売却やM&Aの仲介をこなしてきたプロの手を借りれば、全く折り合いのつかない無駄な交渉を避けることができます。手間が省けるだけではなく、自分の理想価格に近い金額まで交渉を進めてくれるため、難しい経済的なネゴスキルがなくても安心です。「いきなり売却やM&Aといっても何をしたらいいのか分からない」そういった方にも分かりやすく相談に乗ってくれるので、まずは第一歩として無料損談を利用してみるのはいかがでしょうか。

建設的なM&Aを進めるには売却側と買収側の調整が不可欠

経営をしていく以上、自社の事業を拡大したいと願うのは、当然のことです。しかし企業が成長を続けていくうえで、自社内で努力していくだけでは限界があります。そこで資金力のある企業の場合、M&Aをして事業拡大を図ることがあります。M&Aとは、企業合併、企業買収のことです。すでに体力のある同業他社を買い取ることで、建設的に経営規模を広げることができます。
さて、M&Aを成功させるために必要なのは吸収される側の会社との交渉です。自分の会社を売却するわけですから、少しでも条件良く「身売り」をしたいと考えるものです。そのため会社の売却時に当事者間だけで話し合いをすると、想定外のところで話がもめるということもあり、売却の約束が立ち消えになってしまうこともあります。
こういった事態を避けるためにも交渉は建設的に進めておきたいですよね。そこで登場するのがM&Aの仲介会社です。合併買収の話はデリケートになりがちですから、プロの繊細なネゴシエーションスキルが必要になります。そういった仲介会社では、買う側と売る側、双方にとって納得のいく落としどころを探ってくれるので、現在ではどんどん需要が高まっています。建設的なM&Aのためにも、プロからのアドバイスはぜひ聞いておきたいですね。

Copyright(C)2017 建設業界のM&Aについて売却や買取などを含めて解説 All Rights Reserved.